ホーム >> 佐賀県の太陽光発電事情
佐賀県の太陽光発電事情
福岡県
佐賀県の概略

小さな佐賀県でが太陽光ではトップ

佐賀県は、福岡と長崎県に挟まれる形で九州の北西部に位置します。有明海を望む佐賀平野を中心とした佐賀南部地域と玄界灘を望む唐津地域を含む佐賀北部地域に大きく分かれています。九州管内の都道府県では人口、面積ともに最も小さい県となっています。H24年度の佐賀県の人口は、843,000人となっています

佐賀県の太陽光発電設置環境と実績

全国で最も高い普及率を誇る佐賀県

佐賀市の年間日照時間は、1980.7時間(全国平均:1908.6時間)で全国平均を上回っています。九州でも宮崎、熊本、大分に次ぐ4番目に高い日照時間の地域です。ただし、日照時間は山間部と平野部では大きな地域間格差があるのであくまで平均値として理解したほうが良いでしょう。
H26年度までの佐賀県の住宅用太陽光の普及率は12%(全国平均:6.4%)で47都道府県中でも一番高い普及率の高さです。全国平均値の2倍近い普及率の高さを誇り、全国で最も太陽光発電の普及が進んでいる地域といえます。ちなみに佐賀県のH26年度までの住宅用太陽光発電システムの累計設置件数は、22,867件です。

吉野ケ里遺跡
佐賀太陽光設置例
佐賀県の設置容量

全国平均を上回る平均4.99kwシステム

佐賀県の住宅用太陽光パネルの平均的な設置容量は4.99kwシステム(H25年度JPECデータ)でした。内訳としては、新築時の平均設置容量は4.44kwシステム(申請数966件)で既築住宅への平均設置容量は5.23kwシステム(申請数2216件)となっています。住宅一棟当たりの建坪が平均的に大きいため屋根面積も広く多くの太陽光パネルを設置できる傾向にあります。全国の平均的な太陽光の設置容量は4.55kwシステムですので、普及率や設置容量がともに全国トップクラスの水準といえます。

佐賀県太陽光のまとめ

普及・認知度が高く、全国トップクラスを誇る。

佐賀県は、九州でも最も人口や面積ともに小さな県ですが、全国的に見ても太陽光の普及や認知度が最も進んでいる地域といえます。年間を通じての日射時間も全国平均を上回り、比較的発電に適した地域が多いのも普及率を後押ししていると考えられます。太陽光パネルの設置容量の平均値も全国トップクラスですので多くのご家庭に比較的たくさんの太陽光パネルが設置されているといえます。

営業所へ問い合わせる メールフォームから問い合わせる

失敗しない太陽光発電

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリット・デメリット

スタッフ紹介

ブログ

  • 福岡県の太陽光発電事情
  • 佐賀県の太陽光発電事情
  • 長崎県の太陽光発電事情
  • 岡山県の太陽光発電事情
  • 愛媛県の太陽光発電事情

SHARP サンビスタメンバー

シャープ株式会社

LIXILエナジー株式会社

京セラ株式会社

パナソニック株式会社

ソーラーフロンティア株式会社

ページ先頭に戻る