ホーム >> 岡山県の太陽光発電事情
岡山県の太陽光発電事情
岡山県
岡山県の概略

年間を通じで降雨量が少ない岡山県。

岡山県は、中国地区や四国、関西をつなぐ交通の要所として発展してきました。中国四国地域では、広島に次ぐ人口を誇ります。岡山市や倉敷市を擁する県南部が商業の中心として発展してきました。年間を通じての日照時間は2,000時間を超え、降雨が少ないことから中国地区の晴れの国として知られています。平成24年度の岡山県の人口は1,936,000人となっています

岡山県の太陽光発電設置環境と実績

晴れの国おかやまは伊達じゃない。
全国5番目の普及率。

岡山市の年間日照時間は、2047.5時間(全国平均:1908.6時間)で全国平均を大きく上回り「晴れの国おかやま」としても知られており、太陽光発電システムの設置にも適している地域といえます。H26年度までの岡山県の住宅用太陽光発電の普及率は9.3%(全国平均:6.4%)となっており中国四国地区で一番高い水準となっています。47都道府県で見ても全国5番目の普及率の高さを誇ります。災害が少なく瀬戸内海の温暖な気候が、太陽光発電の普及を後押ししているのかもしれません。ちなみにH26年度までの岡山県の住宅用太陽光発電システムの累計設置件数は43,211件となっています。

桃太郎
太陽光設置例
岡山県の設置容量

全国平均を上回る平均4.86kwシステム

岡山県の住宅用太陽光パネルの平均的な設置容量は4.86kwシステム(H25年度JPECデータ)でした。内訳としては、新築時の平均設置容量は4.41kwシステム(申請数2649件)で既築住宅への平均設置容量は5.12kwシステム(申請件数4485件)となっています。既築住宅への設置容量と設置件数が総じて新築住宅の太陽光発電を大きく上回っています。ちなみにH25年度の全国の平均的な太陽光パネルの設置容量は4.55kwシステムとなっていますので岡山県では全国平均を上回る太陽光パネルが設置される傾向があるようです。

岡山県太陽光のまとめ

太陽光普及率は9.3%と全国5番目の水準。

岡山県は、瀬戸内海側の温暖な気候と災害の少なさから中四国でもトップクラスの太陽光発電の設置に適した環境と実績があるようです。新築住宅に限らず、既築の住宅への太陽光発電の設置件数も高く、岡山県内での太陽光発電システムの認知度も高いことがうかがえます。全国の都道府県で見ても太陽光普及率9.3%を誇り全国5番目の水準であることが全国でもトップクラスの太陽光発電先進県であるといえます。

営業所へ問い合わせる メールフォームから問い合わせる

失敗しない太陽光発電

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリット・デメリット

スタッフ紹介

ブログ

  • 福岡県の太陽光発電事情
  • 佐賀県の太陽光発電事情
  • 長崎県の太陽光発電事情
  • 岡山県の太陽光発電事情
  • 愛媛県の太陽光発電事情

SHARP サンビスタメンバー

シャープ株式会社

LIXILエナジー株式会社

京セラ株式会社

パナソニック株式会社

ソーラーフロンティア株式会社

ページ先頭に戻る