ホーム >> 愛媛県の太陽光発電事情
愛媛県の太陽光発電事情
福岡県
愛媛県の概略

温暖な気候が多くの農産物を育む。

愛媛県は、平成24年度の愛媛県の人口は1,415,000人となっています。県内を大きく3つの地域(南予、中予、東予)に分け区分され認識されています。愛媛県の中心は、道後温泉に代表される松山市となっています。瀬戸内側の温暖な気候からみかんなどの農産物の産地としても有名です。

愛媛県の太陽光発電設置環境と実績

瀬戸内気候特有の日照時間の長さが特徴的。

松山市の年間日照時間は、2031.3時間(全国平均:1908.6時間)で全国平均を大きく上回っています。H26年度までの愛媛県の住宅用太陽光発電の普及率は7.0%(全国平均:6.4%)となっており全国でも21番目の水準となっています。住宅用太陽光発電システムの普及水準は、全国平均水準と同程度といえます。年間の日照時間から勘案するとまだまだ太陽光発電の普及が期待できる地域と考えられています。

福岡タワー
太陽光設置例
愛媛県の設置容量

全国平均を上回る平均4.72kwシステム

愛媛県の住宅用太陽光パネルの平均的な設置容量は4.72kwシステム(H25年度JPECデータ)でした。内訳としては、新築時の平均設置容量は4.34kwシステム(申請数1593件)で既築住宅への平均設置容量は4.94kwシステム(申請件数2750件)となっています。全国平均は、4.55kwシステムとなっており、全国平均水準と同程度の太陽光パネルが設置されていると考えられます。

愛媛県太陽光のまとめ

普及率が低いが、太陽光発電に適した地と言える。

愛媛県は、瀬戸内側の温暖な気候に恵まれ年間を通じての日照時間も全国の平均値を大きく上回っています。天候や設置環境は恵まれていますが、愛媛県内の太陽光発電システムの普及率は7.0%ですので恵まれた環境の割には普及が進んでいないといえます。全国的に見ても太陽光発電システムの設置に適した環境を有しており、今後も更なる太陽光発電の普及が期待される余地が残されているといえます。

営業所へ問い合わせる メールフォームから問い合わせる

失敗しない太陽光発電

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリット・デメリット

スタッフ紹介

ブログ

  • 福岡県の太陽光発電事情
  • 佐賀県の太陽光発電事情
  • 長崎県の太陽光発電事情
  • 岡山県の太陽光発電事情
  • 愛媛県の太陽光発電事情

SHARP サンビスタメンバー

シャープ株式会社

LIXILエナジー株式会社

京セラ株式会社

パナソニック株式会社

ソーラーフロンティア株式会社

ページ先頭に戻る